以前のブログで男女の相性という記事を書きました。この時は、日干でみる相性でした。今回は、行動領域からみる相性をみてみます。

スポンサーリンク

そうそう、言い忘れていましたが、下記の円盤のことを「行動領域」といいます。

自分の行動領域を調べてもらったと思いますが、今回は相性を調べる相手も必要ですので、相手の行動領域も調べてくださいね。

①行動領域の調べ方

②行動領域の調べ方

相手の行動領域も調べてもらったら、二人の重なる部分の有無をみてください。

例えば、上の図でいうと、赤色三角と黄色三角は重なりがありますが、青線と黄色三角は全く重なりがありません。

重なりがある場合は、合うので相性は良いです。重なりが広いほど良いですが、いつも一緒にいるのでベタベタしすぎることも。周りにも配慮をしましょう。

重なりがない場合は、合わないので相手を理解出来ないことが多いでしょう。努力は必要ですが、自分にないものを持っている相手なので、自分に足りないものを補ってくれる人と尊重しあえれば、良い関係が築けるでしょう。

男女の相性だけではなく、友人、仕事仲間などもみてみると、自分との関係がみえて、今後の人間関係に活かせることがあるかも。

相性診断は、まだ他にも技法があり、総合的にみて判断します。だから、今回書いた行動領域だけでは、相性を判断することは出来ませんので参考程度にみてくださいね。