桜も散りはじめたのに、寒気が戻り肌寒いですね。でも、明日にはまた暖かさが戻ってくるみたいですよ。寒暖差で体調を崩さないように気をつけてくださいね。

さて、今回も十二大従星です。今回は、夫婦でのパワーの差について書いていきます。

2019年の運勢は新サイトで更新しました!
新しいサイト:2019年運勢(占い師MIHO)
今後は、新しいサイトで更新していきますので、宜しくお願いします。

スポンサーリンク

前回の十二大従星からパワーをみてみよう!で、自分のエネルギーを調べてもらったと思いますが、今回は配偶者のエネルギーも使うので配偶者のエネルギーも調べてください。

調べたら、二人のエネルギーの差を出してください。

二人の差は、何点でしたか?

差が5点以内であれば似ているので一緒にいても居心地がよく過ごしやすいでしょう。それ以上の差があると違和感を感じることも。

あまり差がない方が良い、差がありすぎると良くないとされていますが、私はそうは思いません。

似た者同士であれば、居心地は良いかもしれませんが、面白みには欠けると思います。差が大きければ、意見が違うことで衝突が多いかもしれません。でも、お互いに無理なくほどよい距離を保ちながら、相手を思いやり、そして相手に依存せずに自立し、居心地の良い関係を続けていく努力をすれば、自分自身も成長できるのではないでしょうか?

何でもそうですが、上手くいかないことや失敗も人生には必要なことで、それを乗り越えてこそ深みのある魅力的な人間になっていくのだと思います。

だから、差が大きい夫婦は、お互いに居心地の良い関係を築いていく努力をして人間的にも成長してくださいね。

夫婦の相性を鑑定するときは、色々な技法を使って総合的に判断をします。ですから、今回のだけで判断はしませんので、参考程度にみてくださいね。

もし、総合的に夫婦や恋人の相性をみてほしいと思われる方は、鑑定士さんに依頼されることをおススメします。