最近は十二大従星のことを書いていますが、今回も十二大従星を使います。

スポンサーリンク

十二大従星から、自分のエネルギーをみてみましょう。そのエネルギーは、点数が高いから良いというわけではなく、低いので悪いということでもありません。自分の持っているエネルギーを知って自分の生き方に役立ててください。

ここでいうエネルギーとは「気力・活力」のことです。

エネルギーが低い人は、エネルギーを使いすぎると負担が掛かりすぎてしまい、反対に高い人は、エネルギーを使わないでいると溜まりすぎて体をこわしてしまうことも・・・

では、自分が持っている3つの十二大従星を下から探して合計点数をだしてみましょう。

1→天報星(てんぽうせい)3点

2→天印星(てんいんせい)6点

3→天貴星(てんきせい)9点

4→天恍星(てんぴかせい)7点

5→天南星(てんなんせい)10点

6→天禄星(てんろくせい)11点

7→天将星(てんしょうせい)12点

8→天堂星(てんどうせい)8点

9→天胡星(てんゆめせい)4点

10→天極星(てんきょくせい)2点

11→天庫星(てんくらせい)5点

12→天馳星(てんそうせい)1点

 

合計点数は何点でしたか?

身強(20点以上)

現実面に強い。忙しかったり厳しい環境だったり、苦労に強いタイプ。暇であまり動かないと体調を崩しやすくなります。忙しい方が充実するでしょう。ストレスが溜まっているときは、スポーツなど体を動かすことをオススメします。

身中(13~19点)

中間なので、忙しすぎず、暇すぎない適度な環境が良いでしょう。現実面か精神面のどちらかに偏ると中途半端になってしまいます。誰にでも合わせることができるタイプ。

身弱(12点以下)

精神的に強いタイプなのでストレスに対しても強いでしょう。知識を習得することで精神面を鍛えていきます。しかし、肉体的苦労には弱いので、無理をしないように。睡眠はしっかりとってください。