3回に分けて初年期にめぐる星を調べる中年期にめぐる星を調べる晩年期にめぐる星を調べるを書きました。そのときに自分の星をみつけてもらったと思います。その星は、12種類あって「十二大従星」といいます。今回から、「十二大従星」について書いていきます。

スポンサーリンク

「十二大従星」は、人間が生まれる前からあの世までの人間の一生を12に分けた星です。では、その12個の星がどんな星なのかというと、

1→天報星(てんぽうせい)

胎児の星

2→天印星(てんいんせい)

赤ちゃんの星

3→天貴星(てんきせい)

幼児期の子供の星

4→天恍星(てんぴかせい)

思春期の子供の星

5→天南星(てんなんせい)

青年期の星

6→天禄星(てんろくせい)

壮年期の星

7→天将星(てんしょうせい)

頭領の星

8→天堂星(てんどうせい)

老人の星

9→天胡星(てんゆめせい)

病人の星

10→天極星(てんきょくせい)

死人の星

11→天庫星(てんくらせい)

入墓の星

12→天馳星(てんそうせい)

あの世の星

最後の方は、病人の星とか死人の星とかなんだか不安になってしまう言葉ですよね。

でも、病人の星だから病気になるとか、死人の星だから亡くなるということではないのでご安心を。

それに、初年期だから赤ちゃんの星があるということでもありません。初年期に「老人の星」がある人もいます。そういう人は、子供らしい感じではなく、年齢の割には落ちついていて用心深い子供だったのではないでしょうか?

次回は、もう少し深く説明していきます。