最近の私は「人生これでよいのか?」と自問自答している今日この頃です。さて、今回は、初年期の十二大従星の調べ方を書きます。

スポンサーリンク

まず、人体星図には次のような9個のマスがあります。黄色の背景で①と書いているマスの位置が初年期の星になります。

 ①

では、初年期の星の調べ方です。

自分の命式を準備してください。

下記の命式を使って説明をしていきます。

 2018年
1月28日
 丑
蔵干

 ①初年期の星をだすときは、日干と年支を使います。

例題に2ヶ所赤字にしている箇所です。

②自分の日干の場所から年支を探し、その右側にある数字を調べてください。

日干は「甲」

年支
10
11
12
1

日干は「乙」

年支
8
7
6
5
4
3
2
1
12
11
10

日干は「丙」もしくは「戊」

年支
10
11
12

日干は「丁」もしくは「己」

年支
12
11
10
9
7
6
5
4
3
1

日干は「庚」

年支
10
11
12
1
2
3
4
5
6
7
8
9

日干は「辛」

年支
3
2
1
12
11
10
9
8
7
6
5
4

日干は「壬」

年支
10
11
12
1
2
3
4
5
6

日干は「癸」

年支
12
11
10
9
8
7

③②での数字は何番でしたか?下から自分の数字を探して右に書いてある星をみてくださいね。それがあなたの初年期の星になります。

1→天報星(てんぽうせい)

2→天印星(てんいんせい)

3→天貴星(てんきせい)

4→天恍星(てんぴかせい)

5→天南星(てんなんせい)

6→天禄星(てんろくせい)

7→天将星(てんしょうせい)

8→天堂星(てんどうせい)

9→天胡星(てんゆめせい)

10→天極星(てんきょくせい)

11→天庫星(てんくらせい)

12→天馳星(てんそうせい)

例題は、日干が「庚」なので「庚」の箇所をみます。そして、年支が「酉」なので数字は、「7番」になります。7番は「天将星」になります。だから、例題の初年期の星は「天将星」です。

次回は、中年期の星の調べ方です。