最近は暖かくなり春の訪れを感じていたのに、今日は寒いですね。寒暖差が激しいので風邪などひかれませんよう、お気をつけください。

さて、今回から人間の一生を3つに分けてみてみる方法を書いていきます。

スポンサーリンク

長くなるので、何回かに分けて書いていきます。

少し前に十大主星の出し方や意味などを書きました。十大主星は、下のマスのピンクの部分でした。今回は、黄色の部分になります。

 
   

上のマスの黄色部分に①~③の数字を記載していますが、そこが人間の一生を3つに分けてみるところです。

①初年期

0~35歳くらい

②中年期

35~60歳くらい

③晩年期

60歳くらい~

 

年齢は目安です。35歳になったからといって中年期の星が稼働しはじめるということではありません。人それぞれなので、星の移動は早い人もいれば、遅い人もいます。それに、中年期になったからといって初年期の星の影響がなくなるということでもありません。そのときの星が一番影響が大きいですが、他の2つの星も少なからず影響はあります。

さて、あなたはどんな星を持って生まれてきているのでしょうか?次回からは、それぞれの時期の星の出し方を書いていきます。