ここでひとまず、今まで書いてきたことをまとめます。星の調べ方や解説を書きましたが、10個の星を十大主星といいます。自分の持っている十大主星から、心や精神や感情の本質、自分の性質などがみえてきます。

スポンサーリンク

十大主星は9個のマスのピンク色の5個のマスに入ります。

星は10種類ありますが、全部違う星が5つ入る人、同じ星が2個入って4種類の人、2種類の星を2個と3個持っている人など様々です。同じ星を複数持っている人は、個性的な人が多いです。

十大主星は、

★貫索星(かんさくせい)

★石門星(せきもんせい)

★鳳閣星(ほうかくせい)

★調舒星(ちょうじょせい)

★禄存星(ろくぞんせい)

★司禄星(しろくせい)

★車騎星(しゃきせい)

★牽牛星(けんぎゅうせい)

★龍高星(りゅうこうせい)

★玉堂星(ぎょくどうせい)の10種類です。

星の場所によって調べ方が違うので、下のリンクをクリックして調べてみてくださいね。

星を調べる前に自分に与えられた干支と蔵干が必要ですので先に調べてくださいね。

干支と蔵干の調べ方の記事

 
 西  中心  
 

中心星を調べて自分の星の意味をみてみる

東の星を調べて適職をみてみる

南の星を調べて天職をみてみる

西の星を調べて理想の配偶者をみてみる

北の星を調べて親への思いをみてみる

さて、あなたはどんな星を持っているのかな?

次回からは、自分に与えられた5個の星からみる人間関係を書いていこうかなと思っています。