寒い日が続いていますね。今日も外は雪がうっすら積もっています。

さて、前回は適職のみかたについて説明をしましたが、今回は適職と天職の違いについて触れたいと思います。

スポンサーリンク

あなたは今の仕事は適職だと思いますか?

それとも天職だと思いますか?

もしかしたら、どちらでもないという答えの人もいるかもしれないですね。

 

簡単に言うと、

適職は「自分に適した職業」

自分に合っている仕事。自分はやりたくなかったり好きではない仕事でも能力が適している仕事。お金を稼いで生きていくための仕事。

天職は「天から授かった職業」

自分がやりたくて好きな仕事。楽しく充実できる仕事。自分の心の充実や人を喜ばせることを優先するので収入には結びつきにくい仕事。

さて、どちらの仕事に就いた方があなたは幸せだと思いますか?

適職と天職が同じ人は稀だと思います。

また、本当はやりたい仕事があるけど、家族を養わないといけないから、お金を稼げる今の仕事で頑張っている・・・というように状況や環境で「適職」を選択している人もいるでしょう。

私は、その人が仕事をする上で何を基準するかで「適職」が良いか「天職」が良いかは変わってくると思います。

しかし、現在は「副業OK」の企業もあります。だから、平日は「適職」をして休日は「天職」をするのも一つの策かもしれないですね。

次回は、天職のみかたについて書きたいと思います。