最近のブログは、トラブルが起きる年とか、破壊現象が起こるとか暗い内容が多いですよね。すみません・・・もう少ししたら、明るい内容のものにしますので、我慢してお付き合い頂けると有難いです。

でも、占いは、良いことだけではなく、悪いことを知ってこそ対策を立ててトラブルを最小限に抑えることもできるし、不幸を回避することも出来るので、私は結構大切なことだと思います。

今回は「破壊現象」について書きます。

2019年の運勢は新サイトで更新しました!
新しいサイト:2019年運勢(占い師MIHO)
今後は、新しいサイトで更新していきますので、宜しくお願いします。

スポンサーリンク

 

自分の年干支、月干支、日干支が必要ですので準備をしてください。分からない人は、自分の日干支を調べてみよう!をみて調べてください。

例えば、2017年12月28日だと

年干支:丁酉

月干支:壬子

日干支:己丑

になります。

では、本題に入ります。

破壊現象が伴う「対冲」は、十二支を円盤に並べたときに正反対に位置する組合せです。

「対冲」のときは、物事がスムーズに進みにくかったり、今まで積み上げてきたものが崩れたり、無くしてしまったり・・・といわれています。

2018年の「戊」で対冲がある人は「辰」がある人です。

ちなみに、2017年「丁」で対冲がある人は「卯」がある人です。

例えば、2018年でいうと「辰」の場所によってどのようなことが起こる可能性があるかということで対策を立てやすくなります。

年支が辰の人

仕事で努力が認められにくく、スムーズに事が進みにくい。進展があまりみられない。

月支が辰の人

迷いが多くなり、心が不安定になりやすい。

日支が辰の人

家庭や身内で問題がおこりやすい。離婚の可能性も・・・

 

上記のことが起こる可能性があると分かったら、自分なりに対策を立ててください。人によって状況や環境も違うので対策は異なってきます。例えば、年支に辰がある人で企業をしている人は、2018年は大きなことをせずに現状維持で進めようとか・・・サラリーマンであれば、今年は新たな挑戦はせずに目の前のことを必死でやって来年に繋げようとか・・・

「対冲」は誰でもいつかは回ってきますので、「辰」がない人は他人事ではありませんよ。