チャレンジには、強い精神力が必要です。だから、年齢を重ねると「もう年だから」とチャレンジを諦めてしまう人も少なくないと思います。

でもチャレンジしている人ってキラキラしてますよね?

今回は、チャレンジすることと年齢は関係ないという話を私の母の話を交えて書きたいと思います。

スポンサーリンク

 

私の母は、65歳です。世の中では年金受給者ですが、バリバリ働いています。仕事は介護職です。

父の病気を機に、62歳から未経験で老人ホームに就職しました。入居者側でもおかしくない年齢なのに、雇ってもらえたのには驚きました。

母は、年齢の割には元気で体力もあり若々しくエネルギッシュです。65歳なのに、白髪がまばらにあるくらいで、髪も黒々していて一度も白髪染めをしたことのないような人です・・・

いつもチャレンジすることを恐れずに前向きで、そこは尊敬しています。ちょっと変わっているので振り回されることもあり大変なこともあるので、あえて「そこは」と書きました・・・

介護職は、とても大変な仕事なので人の出入りも激しく辞める人も多いようです。

でも、母は介護職について終わりではありません。次のチャレンジをみつけてステップアップを目指しています。この3年間で、リーダー研修を受けてリーダーになったり、資格取得に励んだりしてます。今日は、認知症の研修に行ってきたそうです。

その様子をみているとチャレンジすることと年齢は関係ないんだなと思いました。

ブログで身内の話をあまりしたくありませんが、「年だから・・・」とチャレンジすることをやめている人の参考になればと思い書きました。

チャレンジすることをやめるとそこで自身の成長もとまります・・・