約3000種類以上ある占いは、3つに大別することができます。

それぞれに得意分野があるので、占ってもらうときに参考にしてください。

スポンサーリンク

 

卜(ぼく)術

カードなどの道具を用いて、そのとき偶然に出た内容をみて今ある問題や事柄について判断したり吉凶などをみる占い。

例:タロット占い、水晶占い、易など

 

相(そう)術

ものや姿などから形状をよみとり現状や吉凶などを占う。

例:手相占い、姓名判断、風水など

 

命(めい)術

生年月日などから宿命や本質、運命などをみる占い。

例:四柱推命、0学占い、星座占い、六星占術、動物占いなど

私が鑑定で用いている算命学は「命術」になりますので、宿命や本質、運命をみるのに適しています。

このように、占いには各々な特徴があるので今抱えている悩みを宿命を知って運命を切り開きたい場合は、算命学をオススメします。

そのときは、算命学鑑定士IORIをご利用頂けると嬉しいです♪

鑑定の詳細はこちら