今日は、簡単に関係をみれる方法があるのでご紹介しますね。

今回は「助ける・助けられる関係」編です。

2019年の運勢は新サイトで更新しました!
新しいサイト:2019年運勢(占い師MIHO)
今後は、新しいサイトで更新していきますので、宜しくお願いします。

スポンサーリンク

 

以前の記事で、自分の日干支の調べ方十干の種類について書きました。

あなたの十干は何ですか?

私は、「壬(海の人)」です。

今回は、日干を使ってみていきます。下から自分の日干を探してください。

例えば、日干が「甲」の人は、「木の人」になります。木の人は、火の人(丙・丁)を助けて、水の人(壬・癸)から助けられます。

木の人(甲・乙)

助ける→火の人
助けられる→水の人

火の人(丙・丁)

助ける→土の人
助けられる→木の人

土の人(戊・己)

助ける→金の人
助けられる→火の人

金の人(庚・辛)

助ける→水の人
助けられる→土の人

水の人(壬・癸)

助ける→木の人
助けられる→金の人

この関係を「相生」と言い「相性が良い」という言葉は、これから生まれた言葉のようです。

なので、相生の関係の人と一緒にいると落ちいたり居心地がよかったりします。それに、自分が助ける方だと何かと放っておけなくて世話をやいてしまうことも。

様々な技法を使って相性をみるので、今回紹介したみかただけで相性の良し悪しは判断できませんが、参考程度にみるのには良いのではないでしょうか?

友達や家族、恋人をみてみて、

「だから私はあの人のことを放っておけなくて世話をやいてしまうんだ・・・」とか

「だから私はあの人といると居心地が良いんだ・・・」とか

周りの人と自分の関係をみてみると楽しいですよ。

次回は、鍛える・鍛えられる関係です。