日干支(にっかんし)とは、自分が生まれた日の干支のことです。

干支には、

生まれた年の「年干支」

生まれた月の「月干支」

生まれた日の「日干支」があります。

前回は、年干支のお話をしました。自分の生まれた年の干支がまわってくるのは60歳のときというお話です。

今回は、生まれた日の干支です。簡単に調べることができるのでご説明します。

CASIOの計算サイトで干支を調べることができます。ここは、干支の他にも様々な計算ができるので面白いですよ。

①まず、CASIOの計算サイトをクリックすると下の画面がでてきます。

(見本画像)

②2017(今年)のところに生まれた年を入力し、8(今月)のところに生まれた月を選択して「計算」をクリックすると、下の画面に変わります。

(見本画像)

③干支が3列並んでいますが、一番左の列が日干支になります。例えば、今日(2017年8月14日)生まれた人をみてみると、日干支は「癸酉」になります。日干が「癸」で日支が「酉」です。ちなみに、その横が月干支、一番右が年干支になります。

この日干でその人の無意識な本質、核となる部分をみます。

今日生まれの人は「癸(きすい)」なので「雨の人」になります。干は10種類あるので、次回はこの10種類についてお話をします。

※LINEのタイムラインで2021年の運勢ランキングを配信中!

生まれた月でみる2021年の運勢ランキング

他にも、今月の運勢ランキングや手相占いやおみくじなど占いに関する動画を配信してます!

LINEお友達登録はこちら→https://lin.ee/jL4DEhS

お友達登録後に、生年月日をメッセージすると10種類(樹木・花・太陽・灯火・山・大地・鉄・宝石・海・雨)の本質のうち、あなたの本質を『無料』でお答えします♪

★お友達特典★
・生年月日をメッセージすると、無料であなたが10種類の本質で何かをお調べします。
・毎月月末に、今月の運勢のお知らせが届きます。
※現在、鑑定はしておりませんので算命学や占い等に関するご質問やご相談は受付ておりませんので、ご了承ください。

友だち追加