「宿る命」とかいて宿命

宿命は、あなたが生まれ持っている本質で変わることはありません。生まれた日や場所、両親から生まれてきたこと、これらはすべて変えることのできない宿命です。宿命は、生まれる前からあなたに与えられたものです。そして算命学では、生年月日からあなたに与えられた干支や星を算出してあなたの宿命を読みとることができます。この干支や星もあなたに与えられたものなので変えることはできません。

「運ぶ命」とかいて運命

運命は、自分で変えることができます。学校や仕事の選択、人との出会いや付き合い、結婚相手、経験など自分の意思で動いたり、努力によって能力を得たり、人との出会いによっても運命は変わります。

 

運命を切り開いていくのは自分自身です。

運命を切り開くためには、自分はどんな宿命を持って生まれてきたのかを知って受け入れるところからはじまります。
例えば、宿命が地盤で運命を家とします。家を建てるときに、この土地は以前どのような土地だったのか、田んぼだったのか、畑だったのかなどの地盤調査をします。地盤調査の結果では、地盤沈下や欠陥住宅の原因になるので、地盤補強などの対策が必要になってきます。地盤を補強してから家を建てたり、その地盤に合った家を建てたりと地盤のことを知ることで対策ができます。もし地盤調査をせずに家を建ててしまって軟弱地盤だったとき、地盤沈下してしまい大変なことになりますよね。
宿命と運命もそれと同じです。
まず宿命を知り受け入れて対策をたて、それを活かすことで運命を切り開いていくことができます。

本当に自分の人生これでいいのか?
自分に合った仕事はなんなのか?
どうしていつも上手くいかないのか?
など悩みがある人は、まず宿命を知ることをおすすめします。